ドライスキン、デリケートスキンです。できる限り肌ダメージを抑えた肌メンテを心がけています。相性が悪いケア用品だったりすると、直ぐに肌荒れしてしまうので、コレというものを愛用をしています。本当に保湿が難しい肌なので、保湿化粧品と言われるものを優先的に用いていますが、低刺激タイプ以外はできる限り買わないようにしています。特に神経を使うのが、部屋の乾燥です。会社はとにかく低湿度になりやすいので、小型加湿器を活用したり、フェイスミストでモイスチュアケアをしています。出来るだけ「エアコン」の影響が少ない所にいるようにもしています。乾燥は美容に良くありません。だるだるしたシワだらけの顔になりたくないので、日頃から潤いケアをするように努めています。お手入れ方法も、なるべくお肌を刺激しないように、メイク落としやカオの汚れを落とす際はゴシゴシしないようにしています。洗い流した後は、1分以内に保湿化粧水を使用するなどして、保湿を心掛けています。「睡眠時間」にも注意して、ジャンクフードも控えるようにしてます。ちょっとした美容意識が未来の肌質を決定づけるものとなるはずなのでいつも気を付けています。美しくなる為にかなり頑張って気をつけている事はこれといってないのですが、夏でも肌の潤わせるようにしています。保湿対策というと低湿度のシーズンや寒いシーズンを思い起こしますが夏場でも保湿ケアをするようにしています。夏場のバスタイムは肩までつかるということが難しくなってきますよね。そのせいでおフロから出た後のお肌ケアも適当になってしまうんじゃないでしょうか。夏場の太陽光は皮膚にダメージをあたえます。お風呂場ではうるおいや保湿を得られるボディーソープなども利用しています。肌ダメージを抑えるために洗いあげるスポンジなどにも柔らかめの物を利用しています。バスタイムのあとはボディケアクリームを足の爪先から全身にかけて施しています。初夏の日光は肌を焼きつける力が凄いです。少しお出掛けしただけでも日ざしで日焼けしてしまいます。首元や指先や踝の辺りなど気が付かないうちに日焼け痕がついていたということも少なくありません。日焼け予防は暑い時期だけでなく春~初夏にかけても十分に日焼け止めクリームなどを上手に使い行うようにしております。甘党のあたしですが、肌の健康の為市販されている和洋菓子類は基本的には口にしないように意識しています。むろん、ソースなどに含まれている糖分、麺類などに含まれている糖質は食べてしまっているので砂糖断ちとは別の取り組みですね。時折り、ストレス解消でプリンを食べたりすることもあるし。だけど、市販の菓子類に入っている砂糖というのは自分でいれているものではないのでどの程度の量が入っているのか不明です。唯一わかるのはカロリーです。砂糖をとり過ぎると体のビタミンやカルシウムを奪ってしまいます。ですので、どれだけ食事に配慮をして野菜を多くとったところで、スイーツなどを食べ過ぎてしまえばそのビタミンはお肌の役には立たないということになります。このようなことから程々に白砂糖をとらない生活にしてみたのですが効き目は現れています。まず肌の艶がよくなったなぁと鏡を見たときに思うし、メイクのりもいいです。からだの水分量がちょうどよくなるのか、むくみも減ってきました。菓子類には砂糖だけじゃなく塩分も含まれている場合が多いですね。サプリメントを摂るよりは、スイーツ断ちしたほうが費用もかからないし、肌質もつるんとしていいですね。